親と子のほっとスペース
「サンタッタひろば」とは

団体の概要

〇 理念

(1)子育ての不安感、負担感、孤立化、地域のつながりの希薄化など、子どもや子育てを取り巻く社会の諸問題に向き合い、子育てを地域で支え応援していく「まち(地域)づくり」の一助となることを目指します。

(2)子どもも大人も人として大切にされ、心豊かに、そして幸福に生きることができる地域社会の実現に寄与することを目指します。

(3)子ども、子育て、音楽を結び目にして、地域の人たちがつながり合い、多くの関わりの中で豊かな関係を培っていくことを目指します。


〇 運営母体

親と子のほっとスペース「サンタッタひろば」は、「医療法人社団青山内科クリニック/胃大腸内視鏡/IBDセンター」(兵庫県神戸市中央区多聞通3-3-9 神戸楠公前ビル5F)の理事長個人が、地域貢献子育て応援事業(非営利)として、実施運営しています。

医療法人社団青山内科クリニックのホームページ

http://www.aoyama-clinic.com/

 

 

沿 革

1996年 10月 親と子のほっとスペース「サンタッタひろば」の前身の「トーンチャイムとゆかいな仲間たち」の名称で団体設立 
1997年 3月 トーンチャイムの出前音楽公演を開始 以後公演回数700回以上
1998年 3月 親子で楽しむクラシックコンサート「子どもコンサート」を開始 以後32回開催
2003年 1月 代表者自宅で「サンタッタひろば」がスタートし、団体名称を親と子のほっとスペース「サンタッタひろば」に変更
2006年 4月 音楽教室事業を開始
2008年 4月 「サンタッタひろば」が西宮市甲東園のパセオ甲東へ移転
2009年 4月 一時預かり保育事業を開始
2015年 2月 「サンタッタひろば」が現在の場所(西宮市甲東園)に移転
2018年 2月 夙川に地域子育て支援拠点事業『親と子のほっとスペース「たんぽっぽひろば」』を開設